おすすめ↓育毛剤

生まれてすぐに将来の髪の量が分かる?

 

子供の髪が薄いと親は心配になってしまいますよね?

 

生まれたばかりの赤ちゃんの髪は全く生えていない子や、大人並みにふさふさな子まで様々です。

 

 

最初はふさふさだった髪が徐々に抜けたり、かさぶたと一緒に剥がれてしまうことも多いものです。

 

何も知らないお母さんは驚いて病院を受診してしまうかもしれません。

 

しかし、この生後間もない脱毛は新生児生理的脱毛で、生まれたときにたくさん生えていた髪や体毛が一気に抜け落ちる現象です。

 

将来の髪の量

 

赤ちゃんは、髪だけではなく背中などにも毛がたくさん生えて生まれてくることが多く、多毛症ではないかと心配する親も多いようです。

 

この体毛は生後間もなく抜け落ちる毛で、入浴後のお湯を確認するとかなり多くの毛が浮いていることが分かります。

 

新生児の体毛は、お腹の中で身を守るためのもので、外に出たことで必要がなくなります。

 

そのため、生後間もなくから脱毛が始まり、今であったはずの髪まで抜け落ちてしまい、部分的につるつるになってしまうのです。

 

 

新生児生理的脱毛によって髪の毛が抜け落ちると、そのまま毛根が休止期に入ってしまうことも多く、しばらく生えてこない子も多いようです。

 

そのため、生まれた時は生えていた髪が徐々に薄くなり、しばらく生えてこない子がいるのです。

 

 

子供のころ髪が薄いと将来はげる?

 

幼稚園、小学校生のころは他の子に比べて明らかに髪が薄い子がいます。

 

おでこが広い、髪が薄いなど大人の薄毛の特徴を持っている子供を持つ親は「もしかしたらこのままはげるのでは?」と心配になってしまいます。

 

今まで生えていた髪の毛が急に抜け始めた場合は、何らかの原因があると考えて方が良いでしょう。

 

例えば、ストレスや食生活の乱れ、何らかの病気が隠れている可能性もあります。

 

 

幼稚園、小学生の髪の毛が薄くてもほとんどの場合は心配する必要はありません。

 

ほとんどの場合、小学校高学年には徐々に髪が増え、思春期には大人と同じように生えてくるはずです。

 

私は小さなころから髪が多く、自分でも薄くなりたいと思っていたほどです。

 

しかし、30代後半からは髪が細くなり毛量も極端に減ってきたように思います。

 

逆に兄は小さなころは髪が薄く、母はとても心配したそうです。

 

しかし、今は全くはげる気配がなくびっしりと生えていて羨ましい限りです。

 

 

髪の量が元々少ない、細い人もいるので、それが正常な状態であれば将来必ずはげるとは限らないのです。

 

 

薄毛は遺伝的な要素が大きいと言われていますが、毎日の生活でそれを防ぐことができると言われています。

 

我が子の髪が心配な場合は、食生活や生活習慣などを気を付けてあげるようにしましょう。

 

 

将来薄毛に悩まないために親ができること

 

薄毛の原因は遺伝だけではなく、食生活や生活習慣、ストレス、ホルモンバランス、加齢なども挙げられます。

 

もし、自分やご主人の髪が薄い場合、それが遺伝しないか心配になりますよね?

 

今子供が食べている物、生活習慣は将来の基礎になるものです。

 

ですから、今から健康な体と心を作ることは、将来薄毛に悩まないために大切なことだと言えます。

 

 

最近は女性の薄毛に悩む人が多くなり、ホルモンバランスを整えることが重要だと分かってきました。

 

特に若い女性に多いのが、無理なダイエットによるホルモンバランスの乱れ、栄養不足による薄毛です。

 

体内に必要な栄養が不足すると、生命維持に必要な部分から優先的に栄養が送られるようになります。

 

そのため、なくても生きていける頭髪に栄養が届くのが一番最後になってしまうのです。

 

人間の体は本当によくできていますが、髪が薄くなるのは困りますよね?

 

ですから、無理なダイエットや食事制限などをせず、健康な体を保つことが大切だと小さなころから教えることも大切なのかもしれません。

 

 

最近は、ストレスなどによって子供でも薄毛に悩む時代だと言われています。

 

我が子がそのようなことにならないように、小さいころからの体作りが必要ですね。

 

まずは↓トライアルから