おすすめ↓育毛剤

辛い食べ物は薄毛につながる?それとも・・・

 

納豆

 

辛い食べ物、好きな方も多くクセになりますよね。

 

ついつい美味しくて唐辛子を使用したりしてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

実はこの辛い食べ物、実は薄毛につながる場合もあるのです。

 

ですが単に食べているだけでは薄毛になるということはありません。

 

問題なのは食べすぎてしまうということ、そして食べた後のケアに問題があるのです。

 

まず辛い食べ物といえば出てくるのがカプサイシンですが、このカプサイシンには毛母細胞を活性化させる効果が期待できるのです。

 

食べ過ぎることなくお酒と同じで楽しむ程度であれば問題はないでしょう。

 

ですが食べすぎてしまうと、カプサイシンなどには発汗作用もあるため汗を多くかいてしまいます。

 

この時皮脂の分泌も増えてしまうため、皮脂が詰まりやすくなります。

 

ここでしっかりと頭皮を洗っておけば問題はありませんが、適当にしてしまうと皮脂が詰まり薄毛の原因となるのです。

 

カプサイシンはせっかく発毛効果も期待できる成分なので、薄毛で悩んでいる方こそ利用したいメリットですよね。

 

ただ食べた後のケアを怠ってしまうと、アダとなって帰ってきてしまうのです。

 

辛い食べ物もほどほどにして、食べ過ぎないようにすることが大切です。

 

そして辛いものを食べた後の頭皮ケアも、しっかりと忘れずに行うようにして発毛を促進させましょう。

 

食べ物で薄毛ケアができます!詳しくはこちらをご覧ください。
食事で育毛

 

頭皮環境に悪影響の食べ物

 

 

食べ物は体にとって良い影響をもたらす場合と、そうでない場合があります。

 

できるだけ食べ物にも注意して生活をしたいですが、なかなか難しいという方も多いでしょう。

 

ですがこの食べ物に注意しておかなければ、頭皮環境が悪化し薄毛になってしまう可能性があるのです。

 

食べ物の中でも脂肪分の多いためものがありますよね。

 

脂肪分が多い食事を好む方も多く、とても美味しいので好んで食べている方もいるのではないでしょうか。

 

ですが、この脂肪分の多い食べ物は頭皮環境を悪化させる原因となるのです。

 

脂肪分が多ければ、皮脂の分泌量も自然と多くなります。

 

皮脂が多く分泌され続ければ、頭皮の毛穴も詰まるので抜け毛が進行しやすく薄毛になってしまいます。

 

脂肪分もほどほどに摂取すること、そして野菜も多くとれるようにすることが大切なのです。

 

また他に冷たい食べ物も体を冷やし血行不良の原因となります。

 

血行不良になってしまうと頭皮まで血液が行かなくなるので、栄養が届かなくなる可能性があります。

 

栄養がなければ神は成長することができず、そのままやせ細り抜けやすくなるのです。

 

体を温めることも、頭皮環境を整え薄毛を解消することにつながるのです。

 

このように頭皮にとって悪影響な食べ物もあるため注意が必要です。

 

ただ食べてはいけないということはなく、食べ過ぎることに注意する必要があるので注意しましょう。

 

 

毎日摂取したい成分

 

 

頭皮環境に悪影響を及ぼす食べ物があるということは、良い影響を与える食べ物もあるということです。

 

そして良い影響を与える食べ物はできるだけ毎日摂取できるようにしておきたいですね。

 

まず頭皮環境にとって良い食べ物といえば、ビタミンが含まれている食べ物です。

 

ビタミン類には頭皮の血行を促進させる効果や新陳代謝の促進が期待できます。

 

大豆食品や野菜はもちろんですが、豚肉やレバーなどもビタミン類が豊富に含まれています。

 

これらに含まれているビタミンにも種類があるので、野菜と豚肉などを組み合わせて摂取すると良いでしょう。

 

またタンパク質も髪を作るためには重要な成分です。

 

肉や魚に大豆など豊富にタンパク質が含まれている食べ物を毎日とれるようにしましょう。

 

また頭皮環境にとって良い食べ物の中でも一番良いのは納豆です。

 

納豆にはタンパク質やビタミンも含まれています。

 

これなら毎日でも取り入れることができるでしょう。

 

苦手な方はお肉や魚、そして野菜などで補うようにしましょう。

 

このように毎日摂取することで、頭皮環境が整う食べ物もあるのです。

 

毎日摂取できれば一番望ましいですが、無理な方でもできるだけ1週間の中で多く摂れるようにしましょう。

 

 

 

 

まずは↓トライアルから